ダルマチア‐シベニク

セーリングの楽園

240もの美しい小や岩礁が、シベニク地域の透明度の高い海をより美しく立たせ、アドリア海での旅程にまれることを

しています。

 

コルナティ諸島の手つかずの景も、クルカの惚れるようなや湖のいずれも国立公に指定され、この二つともが、めぐりの途

中に必ず立ち寄るべきマスト・スポットです。

千もの島を巡るルート

どこへ行きます

1
POI image

クラパニュ‐ブロダリツァ

クラパニュKrpanj島は、表面積が0.36平方キロメートルと地中海域最小で、平均高度が海抜1.5メートルと最も低く、最も人口密度が高い島。天然の海綿スポンジの採取と加工の伝統で知られているこの島の、クロアチア本土から最も近い場所にはブロダリツァBrodarica村があり、ここは、本土からほんの300メートルほど沖合に出ただけです。

2
POI image

クルカ国立公園

総落差242メートルにわたり、七つの石灰華滝が連なるクルカKrka国立公園は、自然のカルスト現象の驚異。なかでもスクラディン滝Skradinski Bukは、ヨーロッパ最大の石灰華堰堤です。また、フランシスコ会修道院と教会が建つヴィソヴァツVisovac島も、訪れる価値大です。

3
POI image

コルナティ国立公園

コルナティKornatiは、ほんの70平方キロメートルのエリアに広がる89の無人の島、小島、岩礁から構成されており、岩礁の迷路を抜けるセーリングは危険なため、数多くの古い灯台があります。今日、ブリトゥヴェニツァBlitvenicaやセストゥリツェSestriceのような島々は、アドベンチャーを求める旅人が競って焦がれるデスティネーションとなっています。

4
POI image

シベニクの聖ヤコブ大聖堂

このユニクなヨロッパの宗教建は、ユネスコ世界遺産に登されています。

5
POI image

スクラディン

シベニクから15キロれたところに位置するスクラディンSkradinは、狭い石畳の通りや路地、アーチや階段があるロマンティックな地中海様式の町で、クルカ国立公園の入り口に位置しています。町の歴史は二千年前にさかのぼり、近隣には重要な考古学遺跡があります。スクラディンは町全体が保護文化遺産モニュメントになっています。

6
POI image

スパス丘のクニン砦

この事要塞は、九世に建てられた初期クロアチアの文化遺産が起源で、スパスSpas丘の南斜面に建てられています。